作家情報

プロフィール

現在はベルリンを拠点に制作
1985
トビリシ、ジョージア生まれ
2004
技術大学情報数学科、トビリシ、ジョージア
2009
ヘリット・リートフェルト・アカデミー、アムステルダム、オランダ
2013
ベルリン芸術大学、ベルリン、ドイツ

主な個展

2019
『Winter which was not there』 ギャラリーコーク、アイルランド
『Glass Muscle (Film Trilogy)』 Kunstverein Dresden、ドレスデン、ドイツ
『アートバーセル - アンリミテッド』 バーゼル、スイス

『Flies bite, Its going to rain』 ヤラットコンテンポラリーセンター、バクー、アゼルバイジャン

『Vajiko Chachkhiani – Films』 ベルリニッシュギャラリー、ベルリン、ドイツ

『Glass Ghost』 Galleria de Foscherari、ボローニャ、イタリア
2018
『Glass Jaw』 Scrap Metal Gallery, トロント、オンタリオ、カナダ
『Under The Midday Sun』(インスタレーション)ラ・リナシェンテ、ミラノ、イタリア

『Cotton Candy』(フィルムスクリーニング)ザ・スペースシネマオデオン、ミラノ、イタリア
『Moment in and out of time』 SCAI THE BATHHOUSE, 東京

『Many lives pass by while imitating death』Filsers、マインブルク、ドイツ
『Heavy Metal Honey』ブンデスクンストハレ、ボン、ドイツ
『Winter Which Was Not There』トゥルク市立美術館、トゥルク、フィンランド
『Life Track』アートナイトロンドン、ロンドン、イギリス
2017
『Living Dog Among Dead Lions』第57回ヴェネチア・ビエンナーレ、グルジア館、イタリア

Regina Gallery、モスクワ

『Endless Ends』 Galleria Vartan、ビリニュス、リトアニア
『そこにない夏』 Daniel Manzona、ベルリン、ドイツ

2016
『The last thing I can hold on to are your kind words』Artim Project Space / Yarat Residency Program、バクー、アゼルバイジャン

2015
『Many Lives Pass By While Imitating Death』野外インスタレーション(Neue Berliner Räumeとのコラボレーション)、 Kunsthaus Dahlem/Freie Universität、ベルリン、ドイツ

『It neither begins nor ends anywhere』Daniel Marzona、ベルリン、ドイツ

2014
『Both』Museum für Gegenwartskunst、ジーゲン、ドイツ


2013
『Public Principle』州立文学美術館、トビリシ、 ジョージア
『The Gift』(卒業発表展)ベルリン芸術大学、ベルリン、ドイツ
2012
『4392 Hours - Temporal Proliferation of Definitive Reasons』BINZ39、チューリッヒ、スイス




2011
『To Cut Through』Gallery Gala、トビリシ、ジョージア

2009
『Trap』GRA Glass Pavilion、アムステルダム、オランダ


主なグループ展

2020
『NIRIN』シドニービエンナーレ、シドニー、オーストラリア
2019
『Down To A Sunless Sea』Arondit offspace、パリ、フランス
『Hotel Europa: Their Past, Your Present, Our Future』トビリシ、ジョージア

『Racing The Galaxy』(ジェローム・サンズ キュレーション)Palace of Peace and Reconciliation & Palace of Independence、アスタナ(ヌルスルタン)、カザフスタン 

『Journey of Thousand Miles』Han Nefkens foundationコレクション、キト現代美術館、エクアドル
『We drive far, you in front』Arondit offspace、パリ、フランス
2018
『Paris independent film festival』カタラシネマ、ホテルラッフルズ ロイヤルモンソー、パリ、フランス
『The Axial Line』 PS120、ベルリン、ドイツ
『Kunstpreis der Böttcherstraß』ブレーメン美術館、ブレーメン、ドイツ

『Crumbling down, up and up we climb』ヤラットコンテンポラリーセンター、バクー、アゼルバイジャン

『A good neighbour』ピナコテーク・デア・モデルネ、ミュンヘン、ドイツ(協力:イスタンブールビエンナーレ)
『Germany Is Not An Island – Contemporary Art Collection of the Federal Republic of Germany, Acquisitions 2012-2016』ブンデスクンストハレ、ボン、ドイツ
『Watou Kunstenfestival 2018』ワータル、ベルギー
『The Short Film Festival Switzerland』ヴィンタートゥール、スイス
2017
『Haunted House』エカテリーナ財団、モスクワ/第15回イスタンブール・ビエンナーレ、イスタンブール
『Steirischer Herbst』Festival of New Arts、グラーツ、オーストリア
『Mit den Händen zu greifen und doch nicht zu fassen』マインツ美術館、ドイツ

『Parlament der Pflanzen』daadgalerie、ベルリン、ドイツ

『The Future Generation Art Prize』第57回ヴェネチア・ビエンナーレ選考アーティスト展、ヴェネチア、イタリア
『冒涜: ゲーノス、エロス、タナトス』Galleria De foscherari、ボローニャ

『言語からコミュニケーションへ』Carré d’Art–Musée d’art contemporain、ニーム、フランス
『WAITING. Between Power and Possibility』ハンブルク美術館、ドイツ
『The Future Generation Art Prize - Exhibition of the Shortlisted Artists at the PinchukArtCentre』キエフ、ウクライナ
2016
『Artist Films at Kino International during Berlin Art Week』ベルリン、ドイツ
『Farewell to an Idea』Plattenpalast、ベルリン、ドイツ
2015
『Stranger Than Paradise』Sies + Höhe Galerie、デュッセルドルフ、ドイツ

『Vom Großen und Ganzen』Sammlung Haus N、Neumünster、ドイツ

『Where the Place Begins / Five, Stone is Laid on Stone』Neue Berliner Räume at Kunsthaus Dahlem、ベルリン

『Material』Galerie Johann Koenig、ベルリン、ドイツ 『Birds, Plants and a Chair』Galerie Kadel Wellborn、デュッセルドルフ、ドイツ
『Trouble in Paradise』Bundeskunsthalle、ボン、ドイツ
『Farewell to an Idea』Plattenpalast、ベルリン、ドイツ
2014
『Mean What You See』Daniel Marzona、ベルリン、ドイツ

『Castle Ghost』Museum of Contemporary Art、ヴォルフスブルク、ドイツ
『Basic Form』Composing Rooms、ベルリン、ドイツ
『(Ver)Handlungsräume』Haus am Lützowplatz、ベルリン、ドイツ
2013
『許されたエラー』Mediterranea、若手アーティスト16人のビエンナーレ、アンコーナ、イタリア
2012
『Doublings』Kunsthalle am Hamburger Platz、ベルリン、ドイツ
『A Sophisticated Guidebook Through A False Territory』Meet Factory、プラハ、チェコ共和国
『Neue Klasse』WIENSOWSKI&HARBORD、ベルリン、ドイツ
『Open Studios of Resident Artists』 BINZ39、チューリッヒ、スイス
2011
『Bosch Young Talent Show』アムステルダム市立美術館、s-Hertogenbosch、オランダ
『Leo Baeck Salon N9 (The Fine Art Issue)』Tolmein、ベルリン、ドイツ

『Image』Museum of Contemporary Art、ライプツィヒ、ドイツ

『Valentine's Day』ジュネーヴ、スイス
『Minimal Maximal』Al-Riwaq Art Space、バーレーン

2010
『Springendes Reh』ボン、ドイツ

2009
『XYZ Privacy』Gerrit Rietveld Academie、アムステルダム、オランダ
『Born in Georgia』Cobra Museum、アムステルダム、オランダ
『Evil in the Church』Oude Kerk、アムステルダム、オランダ

『Black & White』New Nacht Gallery、Sugar Factory、アムステルダム、オランダ
2007
『Tbilisi 4. Every Day is Saturday』トビリシ、ジョージア

主なコレクション

Han Nefkens Foundation(オランダ)
タグチ・アートコレクション(日本)
ハンブルグ美術館、(ハンブルグ、ドイツ)
Museum für Gegenwartskunst Siegen(シーゲン、ドイツ)
ドイツ連邦共和国の現代コレクション(ボン、ドイツ)