作家情報

プロフィール

2004
倉敷芸術科学大学芸術学部教授(-2007)
1996
東京藝術大学美術学部絵画科教授(-2003)
1972
美学校に「中西夏之・素描教場」を開く
1969
美学校に「中西アトリエ」を開く
1968
美学校設立の企画に携わる
1965
土方巽、大野一雄らとの舞踏の協力が始まる
1963
第15回読売アンデパンダン展に出品
赤瀬川原平、高松次郎と共にハイレッド・センターを創設
1962
環状の山手線において行為を含む作品を高松次郎、川仁宏らと発表
1958
東京藝術大学美術学部絵画科(油絵専攻)卒業
1935
東京都に生まれる( - 2016)

主な個展

2017
「中西夏之展 私は願う 太陽に向かって種子を播きたいと」、女子美アートミュージアム、東京
「中西夏之個展」、SCAI THE BATHHOUSE、東京
2014
「中西夏之 キアスム / chiasm」、スカイザバスハウス、東京
2012
「中西夏之 韻 洗濯バサミは攪拌行動を首長する 擦れ違い/遠のく紫 近づく白班」、川村記念美術館、千葉
2009
「背・円」、 SCAI THE BATHHOUSE、東京
2008
「絵画の鎖・光の森」、渋谷松濤美術館
2007
「遠くの画布 近くの絵 有るドローイングの“拡大と拡散”による受映膜の試み」、加計美術館、倉敷
2004
「Halation・背後の月 目前のひびき」、SCAI THE BATHHOUSE、東京
「カルテット 着陸と着水X」、川村記念美術館、千葉
2003
「二箇所――絵画場から絵画衝動へ――中西夏之」、東京藝術大学美術館、東京(カタログ)
2002
「中西夏之展 広さと近さ――絵の姿形」、愛知県美術館、名古屋/愛媛県美術館、愛媛(カタログ)
1997
「中西夏之展 白く、強い、目前、へ」、東京都現代美術館、東京(カタログ)
1995
「中西夏之――〈山頂の石蹴り〉へ――」、愛知県美術館、名古屋(カタログ)
「着陸と着水 舞踏空間から絵画場へ 中西夏之展」、神奈川県立近代美術館、鎌倉(カタログ)
1989
「中西夏之展――正面の絵 緩やかに ひらかれゆくとき――」、西武美術館、東京/軽井沢財団法人高輪美術館、軽井沢(カタログ)
1985
「中西夏之展」、北九州市立美術館、北九州(カタログ)
1984
「中西夏之作品・5月」、西村画廊、東京(以降’86、’88、’90、’92、’95)(カタログ)
1980
「中西夏之 arc・ellipse」、雅陶堂ギャラリー、東京(以降’81、’83、’90、’94、’97、’99)(カタログ)
1967
「中西夏之個展」、南画廊、東京(以降’73年、’76年)(カタログ)

主なグループ展

2016
「静かに狂う眼差し―現代美術覚書」、川村記念美術館、千葉
2015
「有為自然 ―岡崎和郎、伊勢﨑淳、中西夏之展」、岡山県立美術館、岡山
「MOT コレクション」、東京都現代美術館、東京
2014
「The Mirror: Hold the Mirror up to Nature」名古屋商工会館、東京
「Making Links:25 years」、SCAI THE BATHHOUSE、東京
2013
「二年後。自然と芸術、そしてレクイエム」、茨城県近代美術館、茨城
「ハイレッド・センター:「直接行動」の軌跡」、名古屋市美術館、愛知、渋谷区松濤美術館、東京(2014年まで巡回)
2012
「東京 1955 - 1970年: 新しい前衛」、MOMA、ニューヨーク
2011
「beyond」、スカイザバスハウス、東京
2010
「Iles jamais trouvees(Island Never Found)」、ドゥカーレ宮殿、ジェノバ /テッサロニキ現代美術館、中央マケドニア、ギリシャ、サン=テティエンヌ近代美術館、サン=テティエンヌ、2011年まで巡回
2009
「静寂と色彩: 月光のアンフラマンス」、川村記念美術館、千葉
2008
「横浜トリエンナーレ」、日本郵船海岸通倉庫、横浜
「戦争と芸術 II—美の恐怖と幻影」、京都造形大学ギャルリ・オーブ、京都
2004
「六本木クロッシング:日本美術の新しい展望2004」、森美術館、東京(カタログ)
1994-95
「戦後日本の前衛美術」、横浜美術館/グッゲンハイム・ソーホー/サンフランシスコ近代美術館(カタログ)
1986
「前衛芸術の日本 1910-1970」ポンピドゥー・センター、パリ、フランス(カタログ)
1985
「再構成:日本の前衛 1945-1965」、1945-1965、オックスフォード近代美術館、オックスフォード/エジンバラ・フルーツマーケット・ギャラリー、エジンバラ、英国 (カタログ)
1983
「日本の現代美術家5人」、デュッセルドルフ州立美術館、ドイツ(カタログ)
1981
「1960年代--現代美術の転換期」、東京国立近代美術館/京都国立近代美術館(カタログ)
1974
「ルイジアナの日本」、ルイジアナ美術館、デンマーク/スウェーデン/ノルウェー(カタログ)
1965-67
「新しい日本の絵画と彫刻」、サンフランシスコ美術館/デンヴァー美術館/クラナート美術館/ジョスリン美術館/コロンバス美術ギャラリー/ニューヨーク近代美術館/ボルチモア美術館/ミルウォーキー・アート・センター(カタログ)
1961
「現代美術の実験」、東京国立近代美術館(カタログ)

主なコミッションワーク

2008
オペラ「更級日記」舞台美術(作曲:ペーター・エトヴェシュ/演出:天児牛大)、オペラ座、リヨン、フランス
2002
「汐留のための『4ツの月』」制作、電通本社ビル(建築デザイン:ジャン・ヌーベル)、東京
1998
「着陸と着水のためのⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ」制作、VRテクノセンター(設計:リチャード・ロジャー ス)、岐阜
1997-98
オペラ「三人姉妹」舞台美術制作(作曲:ペーター・エトヴェシュ/演出:天児牛大)、オペラ座、リヨン、フランス