Artists

プロフィール

荒神明香、南川憲二、増井宏文 を中心とする現代アートチーム

荒神明香(こうじん・はるか):アーティスト
2018-
東京藝術大学非常勤講師
2009
東京藝術大学大学院美術研究科修了
1983
広島生まれ

サンパウロ近代美術館、ジャパン・ソサエティー、ポンピドゥーセンターメッスなど国内外で作品を発表。
Art Award Tokyo 2007 グランプリ受賞。
作品《reflectwo》東京都現代美術館、サンパウロ近代美術館 所蔵。


南川憲二(みなみがわ・けんじ):ディレクター
2018-
東京藝術大学非常勤講師
2009
東京藝術大学大学院美術研究科修了
1979
大阪生まれ

wah document(わうどきゅめんと)(2006〜)として、ロッテルダム、香港など国内外で活動を展開。
Art Award Tokyo 丸の内2009 グランプリ受賞。


増井宏文(ますい・ひろふみ):インストーラー
2009-14
京都造形芸術大学非常勤講師
2004
成安造形大学造形学部卒業
1980
滋賀生まれ

wah document運営メンバーとして活動。

主な個展

2019
《非常にはっきりとわからない》千葉市美術館、千葉
2016
《奥行きの近く》目 In Beppu 大分
2014
《状況の配列》三菱地所アルティアム、福岡
《たよりない現実、この世界の在りか》 資生堂ギャラリー、東京

主なグループ展

2020
Arts Towada 十周年記念「インター+プレイ」十和田市現代美術館、青森
2019
「VOCA 展2019」上野の森美術館、東京
「六本木クロッシング2019展:つないでみる」 森美術館、東京
2018
「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」新潟
2017
「北アルプス国際芸術祭2017」長野
「リボーンアート・フェスティバル2017」 石巻
「TURNフェス3」 東京都美術館、東京
2016
「瀬戸内国際芸術祭2016」香川
「Tokyo Art Flow 00」東京
「さいたまトリエンナーレ2016」埼玉
2015
「おおいたトイレンナーレ」大分
「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015」新潟
「カフェ・イン・水戸 R」水戸芸術館現代美術ギャラリー、茨城
「”TOKYO”見えない都市を見せる」東京都現代美術館、東京
2014
「ヨコハマ・パラトリエンナーレ2014」横浜
2013
「瀬戸内国際芸術祭2013」香川
《FICTIONAL SCAPER》象の鼻テラス、横浜

主なプロジェクト

2019-
「まさゆめ」 Tokyo Tokyo FESTIVAL、東京
2013-14
「おじさんの顔が空に浮かぶ日」宇都宮美術館 館外プロジェクト、栃木

常設展示

2018-
《repetitive object》「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」新潟
2017-
《信濃大町実景舎》「北アルプス国際芸術祭2017」長野
2016-
《迷路の街〜変幻自在の路地空間2016》「瀬戸内国際芸術祭2016」香川
2016-26
《Distribution Works》 S-HOUSE Museum、岡山

その他

2020
「大京都〜移動する有体〜」京都(アートディレクション)
「埼玉古墳群〜抽象景色〜」埼玉(アートディレクション)
2017
「ヨコハマ・パラトリエンナーレ2017」横浜 (コンセプトビジュアル)
2014
「羅生門|薮の中/ Festival / Tokyo 14」 あうるスポット、東京(舞台美術)

受賞歴

2019
VOCA展2019佳作
2017
第28回タカシマヤ美術賞