Artists

プロフィール

1997
国立エコール・デ・ボザール招聘教授
1961
日本大学文学部哲学科卒業
1956
国立ソウル大学中退後来日
1936
韓国慶南に生まれる

主な個展

2020
「絵画展」SCAI THE BATHHOUSE、東京
2019
「李禹煥: Open Dimension」Hirshhorn Museum and Sculpture Garden、ワシントンD.C.、アメリカ
「李禹煥」Dia:Beacon、ニューヨーク、アメリカ
「李禹煥: Inhabiting time」ポンピドゥー・センター=メッス、フランス
2018
「李禹煥: Relatum – Stage」Serpentine Sackler Gallery、ロンドン、イギリス
2017
「李禹煥: Chez le Corbusier」La Tourette、フランス
2016
「李禹煥」Château la Coste、Le Puy-Sainte-Réparade、フランス
「Sculpture in the Courtyard: 李禹煥. The Cane of Titan」エルミタージュ美術館、サンクトペテルブルク、ロシア
2015
「李禹煥: 色のハレーション/空間のハレーション」SCAI THE BATHHOUSE、東京
2014
「李禹煥: ヴェルサイユ」 ヴェルサイユ宮殿、ヴェルサイユ、フランス
Kaikai Kiki Gallery、東京
2013
サンローラン教会、アルル、フランス
狩猟美術館、パリ、フランス
2012
アジアソサエティー、ヒューストン、アメリカ
2011
「李禹煥: Marking Infinity」グッゲンハイム美術館、ニューヨーク、アメリカ
2010
李禹煥美術館開館、直島、香川
2008
ベルギー王立美術館、ブリュッセル、ベルギー
Dahlem Asian Art Museum、ベルリン、ドイツ
2007
「第52回ヴェネツィアビエンナーレ」パルンボ・フォッサーティ館、ヴェネツィア、イタリア
2005
「李禹煥: 余白の芸術」横浜美術館、横浜
サン=テティエンヌ美術館、サン=テティエンヌ、フランス
2004
サンルイ美術館、サンルイ、フランス
2003
サムソン美術館、ソウル、韓国
2002
SCAI THE BATHHOUSE、東京
2001
ボン美術館、ドイツ
2000
ギャラリーm、ボッフム、ドイツ
1999
東京画廊、東京
リリアン・ミシェル デュラン・デッセール画廊、パリ、フランス
1998
フランクフルト市立ステーデル美術館、ドイツ
1997
現代画廊、ソウル、韓国
ジュ・ド・ポウム国立美術館、パリ、フランス
1996
東京画廊、東京
リッソン・ギャラリー、ロンドン、イギリス
1995
ギャラリーm、ボッフム、ドイツ
ギャラリー・ド・パリ、パリ、フランス
レバクーゼン市立美術館、レバクーゼン、ドイツ
1994
ソウル国立現代美術館、ソウル、韓国
1993
東京画廊、東京
神奈川県立現代美術館、鎌倉
1992
ギャラリー・ド・パリ、パリ、フランス
1991
東京画廊、東京
原ミュージアムアーク、群馬
1990
現代画廊、ソウル、韓国
1989
ギャラリーm、ボッフム、ドイツ
ギャラリー・ド・パリ、パリ、フランス
1988
岐阜県美術館、岐阜
ミラノ市立現代美術館、ミラノ、イタリア
1986
東京画廊、東京
ギャラリー・ド・パリ、パリ、フランス
1984
現代画廊、ソウル、韓国
ギャラリー・ド・パリ、パリ、フランス
1983
東京画廊、東京
1980
東京画廊、東京
エリックファーブル、パリ、フランス
1978
ギャラリーm、ボッフム、ドイツ
デュッセルドルフ市立美術館、デュッセルドルフ、ドイツ
ルイジアナ現代美術館、、Humlebæk、デンマーク
現代画廊、ソウル、韓国
1977
東京画廊、東京
エリックファーブル、パリ、フランス
1976
ギャラリーm、ボッフム、ドイツ
1975
エリックファーブル、パリ、フランス
1973
東京画廊、東京

主なグループ展

2020
「SCAI 30th Anniversary Exhibition」SCAI PARK、東京
2019
「2019 アジアンアートビエンナーレ」国立台湾美術館、台中、台湾
「The Challenging Souls: イヴ・クライン、李禹煥、ディン・イ」上海当代芸術博物館、上海、中国
2017
「第14回リヨンビエンナーレ」リヨン、フランス
「ジャパノラマ Japanorama 1970年以降の新しい日本のアート」ポンピドゥー・センター=メッス、メッス、フランス
2016
「ぐるっと展望!現代アート入門 - 高橋コレクション」金津創作の森、福井
2015
「高橋コレクション展 ミラー・ニューロン」東京オペラシティアートギャラリー、東京
2014
「シンプルな形展」ポンピドゥー・センター=メッス、メッス、フランス
「Making Links: 25 years」SCAI THE BATHHOUSE、東京
「開館40周年記念『1974』/1974年 - 戦後日本美術の転換点」群馬県立現代美術館、群馬
「The Mirror - Hold the Mirror up to Nature」名古屋商工会館、東京
「開館35周年記念 原美術館コレクション展」原美術館、東京
2013
「Prima Materia」プンタ・デラ・ドガーナ、ヴェネツィア、イタリア
ラチョフスキーコレクション、ダラス、アメリカ
2012
「Tokyo 1955-1970: A New Avant-Garde」ニューヨーク近代美術館、ニューヨーク、アメリカ
2011
「第54回ヴェネツィアビエンナーレ: The Worlds Belongs to You」グラッシ宮殿、ヴェネツィア、イタリア
「第54回ヴェネツィアビエンナーレ: The Personal Structures」ベンボ宮殿、ヴェネツィア、イタリア
2009
「Infinitum」フォルチュニイ宮殿、ヴェネツィア、イタリア
2008
「Sotto Voce」イヴォン・ランベール・ギャラリー、ニューヨーク、アメリカ
「細い影の線」ムディマ財団、ミラノ、イタリア
2007
「柔軟なタブー」ウィーン市立美術館、ウィーン、オーストリア
「大回顧展 モネ印象派の巨匠、その遺産」国立新美術館、東京
2005
「もの派-再考」国立国際美術館、大阪
2002
「第4回アジア・太平洋トリエンナーレ」クイーンズランド美術館、ブリスベン、オーストラリア
2001
「センチュリ・シティ」テイトモダン、ロンドン、イギリス
「アート族」市立近現代美術館、ローマ、イタリア
「モノ派展」ケンブリッジ&ニューリン・アートギャラリー、ニューリン、イギリス
2000
「第3回光州ビエンナーレ」光州、韓国
「第3回上海ビエンナーレ」上海、中国
「サラエボ2000」ルドヴィッヒ芸術財団美術館、ウィーン、オーストリア
1999
「対話のアート世界」ルドヴィッヒ美術館、ケルン、ドイツ
1997
「メイド・イン・フランス」ポンピドゥーセンター、パリ、フランス
1996
「1970年一物質と知覚・もの派と根源を問う作家たち」サン=テティエンヌ近代美術館、サン=テティエンヌ、フランス
1995
「ASIANA もの派」ヴァンドラミン宮殿、ヴェネツィア、イタリア
1994
「戦後日本の前衛美術」横浜美術館、神奈川/グッゲンハイム美術館ソーホー分館、ニューヨーク、アメリカ
1992
「韓国現代美術−自然とともに製作する」テートギャラリー、ロンドン、イギリス
1990
「ブラウ(青)」ハイデルベルグ芸術家協会、ハイデルベルク、ドイツ
1987
「前衛芸術の日本 1910-1970」ポンピドゥーセンター、パリ、フランス
1984
「現代美術の動向Ⅲ」東京都美術館、東京
1983
「'83 ヘルシンキ国際美術展」ヘルシンキ、フィンランド
1982
「素描の巨匠たち」ニュルンベルグ市立美術館、ドイツ
「素材と芸術」ベルリン国立美術館、ベルリン、ドイツ
1980
「20世紀の彫刻」ヴェンケンパルク、バーゼル、スイス
1977
「ドクメンタ6」カッセル、ドイツ
1973
「第12回サンパウロ・ビエンナーレ」サンパウロ、ブラジル
1971
「第7回パリ青年ビエンナーレ」パリ、フランス
1970
「現代美術の一断面」東京国立近代美術館、東京
1969
「第10回サンパウロ・ビエンナーレ」サンパウロ、ブラジル
1968
「韓国現代絵画展」東京国立近代美術館、東京

主なコレクション

エルミタージュ美術館、サンクトペテルブルク、ロシア
オルブライト=ノックス美術館、バッファロー、ニューヨーク
ニューサウスウェールズ州立美術館、シドニー
テキサスアジア協会、ヒューストン
釜山市立美術館、韓国
ブルックリン美術館、ニューヨーク
カステッロディアマ、シエナ、イタリア
ポンピドゥ・センター、パリ
千葉市美術館、千葉
ラ・コマンドリー・ド・ペラソル、フラッサン=シュル=イソル、フランス
ダラス美術館、ダラス
Donjon de Vez、フランス
フランス国立現代美術基金(FNAC)、パリ、フランス
Fondazione Mudima、ミラノ
フレデリク・マイヤー庭園と彫像公園、グランド・ラピッズ、アメリカ
福岡市美術館
プラハ国立美術館、チェコ
北海道立近代美術館、札幌
箱根 彫刻の森美術館、神奈川
原美術館、東京
広島市現代美術館、広島
ソロモン・R・グッゲンハイム美術館、ニューヨーク
いわき市立美術館、福島
クレラー・ミュラー美術館、オッテルロー、オランダ
ニュルンベルク美術館、ドイツ
チューリッヒ美術館、スイス
ボン美術館、ドイツ
ルール大学、ボーフム美術館、ドイツ
Leeum サムスン美術館、ソウル
李禹煥美術、直島
プレインエア彫刻美術館、パリ
M+、香港
宮城県美術館、仙台
岐阜県美術館、岐阜
神奈川県立近代美術館、神奈川
ニューヨーク近代美術館、ニューヨーク
国立国際美術館、大阪
国立現代美術館ソウル館、ソウル
京都国立近代美術館、京都
東京国立近代美術館、東京
ベルリン国立美術館、ベルリン
新潟県立近代美術館、新潟
大原美術館、岡山
ピノー・ファンデーション、ヴェニス
クイーンズランド州立美術館、ブリスベン、オーストラリア
ソウル市立美術館、韓国
世田谷美術館、東京
セゾン現代美術館、長野
サンパウロ・アートライブラリー、ブラジル
Situation Kunst、ボーフム、ドイツ
ヘニー・オンスタッド美術館、オスロ、ノルウェー
スペース・リーウーファン、釜山、韓国
ドレスデン美術館、ドレスデン、ドイツ
モルスブロイヒ美術館、レバークーゼン、ドイツ
シュテーデル美術館、フランクフルト
シュトゥットガルト州立美術館、ドイツ
Sundheim Collection、ニューヨーク
ソンジェ美術館、韓国
高松市美術館、香川
テート・ギャラリー、ロンドン
栃木県立美術館、宇都宮
東京都現代美術館、東京
豊田市美術館、愛知
宇都宮美術館、栃木
ウースター美術館、マサチューセッツ、アメリカ