新着情報
2010.7.14

瀬戸内国際芸術祭 2010

7月19日(月・海の日)より開催の「瀬戸内国際芸術祭 2010」に、
SCAI THE BATHHOUSEの作家が参加いたします。

「瀬戸内国際芸術祭 2010」
会期:2010年7月19日(月・祝) - 10月31日(日)
会場:瀬戸内海の7つの島 + 高松

アクセス・鑑賞料など詳しくは公式HPをご参照ください。
http://setouchi-artfest.jp/


【豊島】

横尾 忠則(家プロジェクト 家浦・岡)

setouchi06.jpg

空家というこれまでとは異なる環境に作品を設置するアプローチによって、絵画作品の新しい相貌を見せるとともに、庭の池を瀬戸内海に見立てたインスタレーションも展示。鮮烈な横尾ワールドが展開する。


森 万里子:トムナフーリ(硯・深谷/恒久設置作品)

setouchi07.jpg

古代ケルトにおける霊魂転生の場の伝説から着想し、ガラスのモニュメントを制作。

湖面に浮かび上がるように展示された作品は、東京大学宇宙船研究所、神岡宇宙素粒子研究施設(スーパーカミオカンデ)の協力を得て、ニュートリノの検出データを随時受信し、検出に応じてインタラクティブに発光する。

作品鑑賞可能時間:9:00 - 17:00
※会期中無休




【女木島・福武ハウス 2010】

現在休校中の女木小学校と旧女木保育所を舞台に開催。


石川 直樹:島は、山

setouchi08.jpg

空から瀬戸内海をつぶさに眺めていると、島という陸地は、海から顔を出した山ではないかと思えてくる。
陸と海が接する島はもともと山であり、山は島でもあるのではないか、こうした問いが出発点にある作品をテレビ会議室に展示。



チョン・ジュンホ:The Creature of Induction(ギャルリー・タデウス・ロパックより参加)

setouchi09.jpg
The Creature of Induction

作家自身の個人的で詩的な言葉と現代社会の表情を描いた彫刻インスタレーションを生活室に展示。

開館時間:9:00-20:30(入場は20:00まで)
※会期中無休



【直島】

下記の2点は恒久設置作品ですが(芸術祭終了後もご覧いただけます)、この機会にぜひご覧ください。


李禹煥美術館(倉浦)

setouchi04.jpg
外観写真

建築家・安藤忠雄氏の設計により、今年6月に李禹煥の個人美術館がオープン。
1970年代から現代に至る絵画と彫刻の展示室をメインに、彫刻のためにあつらえた空間や、壁画の部屋などがある。
安藤建築とのコラボレーションともいえるプレゼンテーションも見所のひとつ。また、屋外にも彫刻がいくつか展示されている。

開館時間:10:00-18:00(10月1日以降は17:00まで)
※月曜・年末年始休館/ただし祝日の場合 月曜開館、翌日休館(7月19・20日は特別開館)
http://www.benesse-artsite.jp/lee-ufan/



宮島 達男:角屋/Sea of Time'98(家プロジェクト 本村)

setouchi05.jpg
Sea of Time '98, Collection of Naoshima Contemporary Art Museum

築およそ200年の家屋に、大きな水面とその底に125個のデジタルカウンターを用いた作品を設置。

開館時間:10:00-16:30
※月曜休館/ただし祝日の場合月曜開館、翌日休館

カテゴリー
月別アーカイブ