"Place #2", 2002, 18 x 120 x 120 cm, C-print, Plexiglas, Plywood, Paint, Edition of 3

齋木克裕 展「RESOLUTION」

2002年3月6日(水) - 4月6日(土)

1969年生まれの齋木克裕は、現在日本で活躍する若手写真家の中でも、他と一線を画するアブストラクトな表現で注目されています。その作品は、初めて見る人には、「写真」というより、抽象的な彫刻や絵画のような印象を与えます。


被写体は建築物の壁面やベルリンのタワー、空など、何気ない風景であることが多く、撮影手法は、ベッヒャーシューレと呼ばれるドイツの一連の構築的な写真手法を継承していますが、齋木はその何気ないプリントを独自の視点で再構築し、ドナルド・ジャッドやカール・アンドレのミニマル彫刻を思わせる手法で作品化します。それにより、作品はストレートフォトの枠を超え、事実のドキュメントという写真の役割を超えて、ひとつのオブジェクトとしての世界観を主張しはじめます。


2000年のベルリンでの個展や、2001年のロッテルダムや川崎市民ギャラリーでの若手写真家展等でコンスタントに作品を発表してきた齋木の本格個展となる今回の展覧会では、これまでになかった展示手法でラージサイズのプリントを中心とした新作が展示されます。シャッターで瞬間をとらえる写真家的本能と、吟味されたミニマルな構成による静謐さの相反する要素が、新しい写真表現の可能性を示すことでしょう。

期間:2002年3月6日(水) - 4月6日(土)