過去の企画展

《Wisdom Tower (a pretty girl)》2013年、歯、純金、銅、竹串、8.25 x 2.1 x 2.1 cm<br>撮影:木奥恵三 《Wisdom Tower (a pretty girl)》2013年、歯、純金、銅、竹串、8.25 x 2.1 x 2.1 cm
撮影:木奥恵三

  • 《Wisdom Tower (a pretty girl)》2013年、歯、純金、銅、竹串、8.25 x 2.1 x 2.1 cm<br>撮影:木奥恵三
  • 《My Fantasy》2013年、シリコン樹脂、ファイバーグラス、人毛、布、ガラスケース、180.5 x 118 x 60 cm<br>撮影:木奥恵三
  • 《I’m Sorry》2013年、ステンレス、塗装、ワイヤー、電球、72 x 170 x 9 cm<br>撮影:木奥恵三

展示風景

  • He Xiangyu “Crossed Beliefs” 2013, SCAI THE BATHHOUSE  photo by Nobutada Omote
  • He Xiangyu “Crossed Beliefs” 2013, SCAI THE BATHHOUSE  photo by Nobutada Omote
  • He Xiangyu “Crossed Beliefs” 2013, SCAI THE BATHHOUSE  photo by Nobutada Omote
  • 展示風景、撮影:木奥恵三

何翔宇(ヘ・シャンユ)
「信仰錯誤」

2013年10月4日(金) - 11月9日(土)

北京を拠点に活動する何翔宇(中国語読み:ヘ・シャンユ)は、中国の次世代を代表するコンセプチュアル・アーティスト。127トンのコカ・コーラを煮詰めた残留物の山や、展示会場を埋め尽す流木の椅子など、話題性の高い大規模プロジェクトで知られています。特定の歴史や社会的条件を示唆しながら現代の構造をあぶりだす何(ヘ)の制作活動は、私達の日常に介在するさまざまな矛盾を指摘するにとどまらず、軽妙なユーモアや愛着でこれを受け入れようとする前向きな姿勢に特徴づけられます。作品として取り上げられるのは、誰もが見慣れかつ深遠な思考世界の入口となる日用品や毎日の光景です。

日本初個展となる本展では、新作を含めた彫刻、写真、ビデオ作品の計6点を発表します。抜歯した2本の親知らず(知恵歯)を小さな金の仏塔に積み上げた《Wisdom Tower》(2013年)、シリコン樹脂とファイバーグラスを用い、自らの裸体を精巧な人形に縮小した《My Fantasy》(2013年)など、作家のからだを物証として提示しながら、知識や理想といった目に見えない集団的価値について問いかけます。空中を舞うホコリを追い続けるビデオ作品《My Dream》(2012年)は、空想と現実の隔たりを静かに満たし、個人という制限のなかで座礁する夢の彼岸を表すようです。展示会場の入口には、ドアノブを熱い電球につけかえた彫刻作品《I’m Sorry》(2013年)がいたずらのように仕掛けられ、人々を隔てるプライバシーの結界を強調しています。

「わたしたちの未来への想像力は、計画の安全性を重視するあまりに萎縮しているように見えます。知識の目的が単なる現実のマネージメントへと簡略化され、過大な理想は誤りとして少しずつ矯正されてしまうのです。」と何(ヘ)は言います。本展のタイトル「信仰錯誤」には、こうした「誤り」をポジティブに信じて、未来への手がかりをつかもうとする作家の思いが込められています。


何翔宇(ヘ・シャンユ)
1986年生まれ、中国遼寧省出身、北京在住。近年参加した主なグループ展は、「相互現象: 海峡をまたぐ現代美術展」、中国美術館(NAMOC), 北京; 国立台湾美術館(NTMoFA)、「ON/OFF: 中国の若手芸術家の概念と実践」ユーレンス現代アートセンター(北京)など。主な個展に、2012年「何翔宇」、空白空間 (White Space Beijing);「コーラ・プロジェクト」、4A現代アジア美術センター、シドニー; 2011年「マラーの死」、シュロス・バルモラル・クンストラーハウス、バート・エムス(ドイツ)。2014年にはホワイト・キューブ(ロンドン)にて個展開催予定。

期間:2013年10月4日(金)− 11月9日(土)
開廊日時:12:00-18:00 *日・月・祝日休廊
会場:SCAI THE BATHHOUSE
展示作品:
・彫刻:《I’m Sorry》(2013年)、《Umbrella》(2011-13年)、《My Fantasy》(2013年)、《Wisdom Tower》(2013年)
・写真:《Man and Woman in the Express Hotel》(2011年)
・映像:《My Dream》(2012年)
以上、全6点を予定。