過去の企画展

「宇宙的狂気愛」 1991年 181.7 x 227.3 cm カンバスにアクリル 「宇宙的狂気愛」 1991年 181.7 x 227.3 cm カンバスにアクリル

  • 「宇宙的狂気愛」 1991年 181.7 x 227.3 cm カンバスにアクリル
  • 「紫の胎動」 1994年 193.9 x 193.9 cm キャンバスにアクリル、ボタン、絵葉書
  • 「死の中の生」 2000年 65.2 x 53 cm キャンバスに油彩、コラージュ

展示風景

  • Photo by Keizo Kioku
  • Photo by Keizo Kioku
  • Photo by Keizo Kioku
  • Photo by Keizo Kioku

横尾忠則「横尾忠則の壺」

2008年2月1日(金) - 3月1日(土)

横尾忠則は1936年兵庫県生まれ。
60年代に衝撃的なグラフィックデザインを発表して以来、現在に至るまで横尾忠則の活動は常に日本のカルチャーシーンに影響を与えてきたことは改めて言うまでもありません。横尾の描き出す鮮烈な世界と独特の美意識は、多くの人々の心を強くとらえ、幅広い分野からの支持を得て、アーティストとして他に類のない地位を築き上げています。


本展第1期「横尾忠則の壺」では80年代の代表作を中心に、2000年前半までのペインティングを展示。横尾の絵画世界の歴史を辿る回顧的な内容で、横尾忠則の多彩な表現をまとめてご覧いただけます。
対して第2期の展示「横尾忠則のふたつめの壺」はすべて新作で構成されます。進化し続ける横尾の展開の今をリアルタイムに体験することの出来る展示内容です。
展覧会のタイトルが示している通り、横尾はブラックホールのように奥深い「壺」を持っているかのように、次々に予測不可能な作品取り出して、私たちに大きな驚きを与え続けています。とりわけ、新作が出てくるふたつめの壺の中身は一体どうなっているのか...興味は尽きず期待が大いに高まります。

期間:2008年2月1日(金) - 3月1日(土)
開廊日時: 12:00-19:00 *日・月休廊